FC2ブログ

取材って?

今日は昼からお母さんは取材があるといっていました。
「ピンポーン」
とチャイムが鳴ってお母さんと私も一緒に大急ぎで出て行くと男の人と女の人が立っています。
「キキちゃん」
と呼ばれましたが、私は見覚えがありません。
どうして私を知っているのでしょう。
家に入ってから分かりました。
その人たちが取材に来た人たちで、私をお母さんの本、お父さんの絵手紙で知っているのです。
「可愛い!」
なんて言ってもらって悪い気はしません。
そして何度も私を写真にとってくれました。

2007_0329kikiburogu0001.jpg

途中で余り何度も写真を撮るので、お母さんの腕の中で眠くなったくらいです。
プロの写真家さんに写真を撮ってもらうのは、初めてです。
どんな風になってるか楽しみです。


その後はお母さんに本のことで色々聞いてそれをすごい速さで書き取っていきます。
お母さんもどんどん話しています。
2007_0329kikiburogu0003.jpg

どのくらいの時間が経ったのかはわかりません。
横に居て私は眠っていただけです。
2007_0329kikiburogu0004.jpg

お腹もすごく空いてきてやっと取材は終わりました。
お母さんはお父さんの絵手紙を出来るだけ大勢の人に見てもらおうと
一生懸命に頑張っているようです。
本を出すなんてやっぱり大変なんだね
私も出来るだけ協力しょうと思いました。
スポンサーサイト



暖かい日

今日は朝から暖かく、お母さんもたくさんの洗濯をしています。
私もお母さんと一緒に勝手口から出て物干しの周りでうろうろ
2007_0328kikiburogu0001.jpg

お母さんが洗濯ものを干している間にどんどんすすんでいきます。
お母さんが
「キキ、キキ」
と呼んでいるのに、知らん顔してどんどん進みます。

2007_0328kikiburogu0005.jpg

私は庭が大好きなのでこんな日は日向ぼっこするにかぎります。
表に回ってのんびり
2007_0328kikiburogu0008.jpg

でもこんな私の大好きな時間は余り長くはありませんでした。
お母さんは昼からの教室の用意のために私を二階に置いて下に下りたり又上がったりして私をドキドキさせます。

2007_0328kikiburogu0007.jpg

そしてやっぱり私の嫌な留守番がありました。
少しは慣れたんですが、やっぱり好きになれません。
お母さんが帰ってくるのを待って、耳を澄ましているうちに眠ってしまいました。
「あ~お母さんの自動車の音です。ワン、ワン、ワン」
この後は大好きなお母さんと二人きり、お母さんは寂しいようですが私は幸せです。

2007_0328kikiburogu0014.jpg

のんびりの一日

昨日忙しかったから今日はお母さんは一日中のんびりとしています。
そんな時いつも家中に音楽を流しています。
今日は「井上揚水」のCDを聞き続けています。
私はどんなにうるさくてもお母さんの横に入れれば眠れるのです。
2007_0325kikiburogu0004.jpg

お母さんは最近お風呂の中でも揚水を聞いています。
30分位入るのは当たり前時には1時間くらい入っているので、私は時々ドアの前まで行ってみます。
「お母さん、大丈夫?」
覗くとやっぱり音楽を聴きながらのんびり浴槽ににつかっています。
2007_0325kikiburogu0011.jpg

お母さんはお風呂が大好きなんだから楽しんでください。


今日は大好きなみやさんとリッチーが家に来てくれました。
お父さんに挨拶をした後、二階の部屋で遊びました。
うれしくてピョン、ピョン飛び跳ねたり、みやさんの膝に抱かれてみたりしました。
2007_0325kikiburogu0007.jpg

2007_0325kikiburogu0010.jpg

リッチーとみやさんは
「今日は暖かいよ!」
と言って帰っていきました。
お母さんも
「暖かいから、キキ散歩に行こうか?」
と一緒にゆっくりと近所の庭の花を見ながら歩きました。

お母さんは少しブルーな日のようでしたが、私はやっぱりいい日でした。

マタマタお客さん

今日もお母さんはもうすぐ来るお客さんのために料理をつくっています。
今日はお母さんの同い年のいとこでです。
時々来てお母さんといっぱい話して、食べて一人でビールをのみます。
お母さんはアルコールは駄目なので、お水やお茶で付き合います。
でもお母さんはお酒のあてを作るのを楽しみにしています。
昨日から又色々とつくっていました。
私は台所でうろうろして何か落ちていないか、そんな時お母さんがきゅうりを一枚くれてうれしい。
2007_0324kikiburogu0001.jpg


今日はお母さんの料理を写真で紹介できそうです。
2007_0324kikiburogu0004.jpg

  春巻き
  ぶり大根
  イカと小芋の煮物
  わけぎのぬた
  レンコンのいため煮
  ひじきの煮物
  五目大豆
  若ごぼうと厚揚げの煮物
  サラダ
  いかなごのくぎに
わいわい話しながらどんどん食べています。
でもお母さんはいつものことですが、作りすぎでたくさんあまってしまいます。
お客さんはタッパーに入れてもって帰りました。
私が食べれたらどんなにいいのかと思いました。
お母さんは明日も残りを一人で食べるのです。
作るのは大好きでも、たくさん食べれないお母さんです。
「お父さんなら全部食べてくれるのに」
なんて又つぶやいていました。

お坊さんのほら貝

今日はお坊さんのお参りの日です。
いつもより忙しそうなお坊さんのお経でした。
今、お彼岸でお坊さんはいそがしいのです。
いつもならゆっくり話していくのに今日はすぐ終わりました。
でも私はいつもお経の最後にお坊さんが吹くほら貝の音にびっくりさせられるのです。
私はいつもお経の時はお母さんの横できちっと座って聞いているのですが、その音にびっくりしてうろうろしてしまいます。
どんな音かわかりますか?
「ぼ~ぴひょろ~、ぴ~~~」
びっくりしますよね。
2007_0323kikiburogu0020.jpg

見せてもらいに行きました。
そしてお坊さんとお母さんの話を聞いてみると
お坊さんが
「今日はバイクなので少し小さいのを持ってきています。
それで高音が出にくくてピ~となってしまうのですよね。」
「ほら貝は寒がりなので、こうしてジヤンパーの中に入れてくるのです」
そうしてお坊さんは来たときと同じようにお腹が大きい人のようにジャンパーの中にほら貝を抱いて帰りました。
それにしてもその音は最初に聞いた時よりは段々いい音になってきた気がします。
うまくなったのか、聞き慣れたのかは分かりません。
来月の三回忌にはもっといい音が聞けるかもしれません。


庭のオブジェ?

お母さんから庭に面白いオブジェが出来てすごくいいよと教えられました。
庭に出て観察することにしてみました。
2007_0321kikiburogu0008.jpg

なんだこれは前の家の庭にいたかえるさんではありませんか。
お父さんがうれしそうに買ってきたかえるさん
それにお酒屋さんから貰った壷です。
確か焼酎がはいっていたとか。
私より先に家にいたようですけれど
2007_0321kikiburogu0003.jpg

オブジェなんてかっこいいこと言うからどんなものかと思ったけど
たいしたことなかったな~。

2007_0321kikiburogu0010.jpg

私はいつものようにトイレをして家の中に入りました。


今日もまたお母さんはお習字を書いてはマッサージ器に座って考えています。
私もまたお母さんに抱かれて、ガタガタとマッサージ器の揺れで気持ち良くなってねむってしまいました。

2007_0321kikiburogu0012.jpg

今日もお母さんと二人だけの幸せな日でした。

お母さんの習字

今日はお母さんは一日中お習字を書いては悩み、書いては悩みをしていました。
いつものことなのですが、私はその横で眠っています。
お母さんが一枚書くたびに、字を見ようと立ち上がるのですが、
その時私もあわてて、動き始めます。
おかあさんに抱かれて、字を見なければなんて思ってしますのです。
書いたばかりの紙の上を歩いてしまうこともあります。
2007_0318kikiburogu0017.jpg

時々伸びもしてみます。
2007_0318kikiburogu0018.jpg

お母さんは「あ~~」なんて言いながらやめさせようとしますが、
座ってもみます。
2007_0318kikiburogu0021.jpg

お母さんは何回も書くのですがその度に同じことを繰り返します。
そして、休憩は二人でマッサージ機に座って又お母さんは字を見ています。
字を書き、コーヒーを飲んで、又字を書き、お水を飲んで、マタマタ字を書く一日中、していました。
私も同じことの繰り返し、邪魔をしているのではありません。
協力しているつもりです。

庭の完成

今日朝からまだ植木屋さんが来ていましたが、庭がやっと出来上がったようです。
私は初歩きをして、色んなにおいを嗅いで見ました。
2007_0316kikiburogu0004.jpg


ぐる~と回ってみました。
2007_0316kikiburogu0008.jpg

うんうんいいようです。
お母さんの好きな黄色の感じ
まだ、お花を置いたり、置物をなんて植木屋さんと相談しています。
私はどこでトイレをすればいいのか悩みながら又うろうろしてみました。
お母さんは雑草との格闘から開放されることを喜んでいます。
そしておしゃれな庭になったことも
私もだんだん好きになることにします。

いかなごのくぎ煮

今日もお母さんは忙しい日でした。
昼から子供たちの教室の前にバタバタとでかけたかと思うと、いかなごを買ってきました。
今年はもう、忙しいから出来ないのかと思っていましたが、やっぱり
始まりました。
お父さんが大好きだったいかなごのくぎ煮を作り始めました。
いい匂いです。
もうすぐ春だよ~っと聞こえます。
毎年りんごを送ってくれる長野の半田さんに送るためにも必ず作ります。
そしてお父さんも大好きでたくさん食べてくれました。
私は今日も台所の床に落ちたのでちょっと味見です。
「うーん、おいしい」
もっと食べたいけど我慢、私はドッグフードだけ。
何とかお母さんは子供たちが来る前にしあげていました。
2007_0315kikiburogu0002.jpg

おいしそうでしょう。
お父さん食べて!

本の題名

もうすぐ出る本の題名がきまったそうです。
「最後の絵手紙」
お母さんからお父さんへこの本が最後の絵手紙になるそんな意味だそうです。
お母さんは今日も悩んだり、ゲラ刷りと言うものを見たり電話をかけたりしていました。
2007_0314kikiburogu0008.jpg

横で見ていて大変そうでしたが、
ほとんどこれでお母さんがすることが終わったようです。
後は本になるのを待つばかりです。
私も楽しみに待つことにします。


今日はそれからお母さんは昼からの教室の準備で字を書いたり、コピーをしたりしていました。
私は部屋がストーブで暖かくなってきたので、気持ちよくねむってしまいました。
2007_0314kikiburogu0004.jpg

その後の嫌な留守番のことはこの時は忘れていましたが。
お母さんは忙しいようで、元気そうです。
私も元気だし一人と一匹で頑張っていきましょう。

お母さんの絵?

お母さんは今日も大阪まで日本画を習いに行きます。
朝は洗濯をして、ごみも出して、慌てています。
今日はもうすぐ展覧会があるので、初めて描いたおひなさまのお軸
をひろげています。
私も初めて見ました。
可愛いけれど余りうまくはありません。
お父さんがもっと描きたかった絵を習うんだなんて言ってますが。
2007_0313kikiburogu0010.jpg

まあこれからうまくなるのでしょう。
今回もう次の絵を描いて少しはうまくなったなんて
本当かな?   まだその絵は見ていませんので。

お母さんと今日もみやさんの家に歩いていきました。
寒い朝ですが、歩くと気持ちがいいようです。


庭は今、土やタイルや色んな道具がおいてありうろうろ出来ません。
早く完成しますように。

どうなったの?

お兄ちゃんはゆっくりと眠って、昼は大きな大きなオムライスを食べて、ランニングにいきました。夜にはうどんすきをいっぱい食べて、帰って行きました。
私はお母さんがお兄ちゃんを呼ぶときいつも一緒に呼ぶことにしています。
「わん、わん、わん」
とお兄ちゃんはうれしそうに
「キキお兄ちゃんをよんでくれたのか?」
と喜びます。
私を何回も抱いたり、触ったり、寂しいのかと抱いてお母さんの傍に連れて行き、お母さんに嫌な顔をされていました。
お母さんは今日はお習字がうまく書けなくていらいらしているのに
私はお父さんにそっくりなお兄ちゃんが大好きです。
お兄ちゃん又帰ってきてね。


お母さんの休憩の時間には
天気がよくて気持ちがいいので、何回も庭に出てみました。
あれ~
私の踏み台がありません。
庭から順番に上がってくるための台が



2007_0311kikiburogu0004.jpg

部屋に入るための台はあるのですが
2007_0311kikiburogu0006.jpg

そういえば昨日植木屋さんが来ていたな~
庭はどうなるのでしょう
私もあんまり若くないので、飛び上がるのがしんどいんだから
私にも優しい庭になりますように

お兄ちゃんマタマタ帰る

今日はお母さんが朝から一生懸命料理を作っていました。
昼ごろからどんどん人が集まり始め、10人ぐらいになりました。
婦人会の集まり?パーティらしく「わいわい」
「がやがや」「おいしそう」「これはおいしい!」
なんてみんな口々に言ってます。
私はご相伴さしてもらうわけではないので、窓の傍でねむることにいしました。
お母さん自慢の今日の料理は
   鳥の南蛮漬け
   秋刀魚の有馬煮
   ぶり大根
   なます
   ぜんまいと糸こんにゃくの煮物
   ちくわの磯辺揚げとふきのとうのてんぷら
   金時豆の甘煮
   レンコンきんぴら
   高野豆腐のたいたん
   菜の花のからしあえ
   わけぎのぬた
   野菜サラダ
   三種類のおにぎり
お母さんは余りの忙しさに写真が撮れなかったことを残念がっています。
みんなが喜んでお弁当箱にもって帰るほどです。
お母さんはそれですご~く喜んでいますが少し疲れたようです。
私もみんなに抱かれたり、ウロウロしたりしたのでつかれました。」
夜の食事を早々と済まして、眠っていると大好きなお兄ちゃんが帰ってきたのです。
「やった! やった!」と迎えて大喜びしました。
お兄ちゃんに抱かれてこの抱き方はお父さんそっくりだと思いました

2007_0310kikiburogu0003.jpg

そして撫ぜ方も

2007_0310kikiburogu0004.jpg

やっぱり今日もお父さんを思い出して眠ります。

何の日

今日はお母さんは朝は大人の人の教室、昼からは子供の教室の日、
でもそれ以外の時間ボーっとしています。
忙しいはずなのにおかしいな。
どうしたのでしょう。
 

分かりました。
お母さんがつぶやいていました。
「今日3月8日はお父さんが57歳になる・・・・・・・日」
そうかお父さんの誕生日なんだ。
誕生日のお祝いはしません。
しなくてよくなったんだよね。
一日中お父さんのことを考えてすごしたのでしょう。
私もお父さんの手でお腹を撫ぜてもらったことを思い出して
少し寂しくなりました。
P3110021.jpg

でも今はお母さんにしっかり抱かれているんです。
それでいいんです。

ばたばたお母さん

今日もお母さんは朝から文章を書いて、電話をしたり、ファクスを送ったりしていました。
「これでいいですか?」
なんてお父さんに言ってます。
私もお父さんの傍に座って一緒に居ました。
2007_0307kikiburogu0016.jpg

「それでいいよ」なんて聞こえそう。
でも今日の花の名前は何かなんて思っているだろうな。
チューリップ以外あんまり知らないから。
 

次は月初めのお手本大変、大変いっぱい書いています。
2007_0307kikiburogu0013.jpg

床がどんどんうまります。
お母さん私がソファーから下りれないよう~
どうするの
2007_0307kikiburogu0010.jpg

でも終わるとお母さんが抱き上げてよしよししてくれました。
それから仕事に行くから又留守番なんです。
その前にお母さんはなが~く抱きしめてくれるのです。
やっぱりしあわせかな?

お客さん

今日はお母さんは東京からのお客さんを駅に迎えに行き、帰ってからず~っと話していました。
お父さんの絵手紙がもうすぐ本になるらしく、その人とこの文章にはこの絵がいいとか、こちらの方がぴったりしているとか言っています。
私、キキのことがいっぱい描かれた絵手紙です。
今までお母さんも一生懸命文章を書いていました。
書いてはため息、書いては涙、そのままぼ~~っとしていたり。
それでもやっと出来たのでしょう。
出版社から今日担当の人が来て、打ち合わせをしているのですから。
私はよかったと思いながら眠くなって、いい気持ちで眠ってしまいました。
2007_0305kikiburogu0003.jpg

長い時間が過ぎたようで、「それでは又連絡します。」
との言葉が聞こえたら、お母さんはもう一度送って行くから、
私を二階に連れて行って
「留守番お願いね!」
と出て行きました。
嫌だなと思いながら、お父さんとお母さんの本が出るのなら我慢です。
楽しみになりました。
4月10日ごろに本屋に並ぶそうです。

大好きなこと

私の一番好きなことそれはお母さんに抱かれている時。
今日はお母さんと朝歩いてポストに行ってから、二階でのんびりした時間を過ごしました。
お母さんは字を書いたり、本を読んだりしています。
時々休憩にソファーに座り、私を抱っこします。
そのまま又本を読んだり、ボーっとしたりしています。
そんな抱かれて、眠るのが大好きな時間なのです。
2007_0304kikiburogu0004.jpg

本当に気分がいいな~
2007_0304kikiburogu0006.jpg

こんな時間が長くあると留守番も我慢できそう。
お母さんありがとう!
今日は幸せな日でした。


家の庭で

今日は一日中お母さんは家にいました。
お母さんが家の片付けや、掃除をする時私は庭に出ています。
まずはおしっこをして、それからにおいを嗅いでみます。
うろうろうろしてみると、色んなにおいがします。
2007_0303kikiburogu0006.jpg

昨日植木屋さんが来て、3本の木を植えていきました。
枯れていて、抜いてしまったので、家の中が見えすぎるとお母さんが言っていたのでそのためでしょう。
そんな新しい木のにおいに混じって、土や草が春が近いと教えているような香りもします。
それから外を見て、家の前を通る人やワンちゃんにあいさつもします。
2007_0303kikiburogu0001.jpg

2007_0303kikiburogu0008.jpg

私にとってはこの庭は宝探しのような魅力的な場所なのです。
あ~お母さんの掃除が終わりそうです。
おいておかれないように、傍にいよ~と
プロフィール

もととしさん

Author:もととしさん
訪問ありがとうございます。

捨てられていたキキを拾って
7年間は、お父さんともととし母さんに可愛がられ
5年間はお母さんだけの生活になりました。
キキは17歳で、天国にいきました。
今は、お父さんと一緒にお母さんの生活を
見守っています。
キキがお空からのいちゃもんです。

こんにちは、私はキキです。
<

私はダックスフントのキキです。<br> 今はお父さんとお空からお母さんを見ています。
お母さんの毎日の様子と夕ご飯を見張っているのです。
皆さんもお母さんへの応援よろしくね

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Poodle時計(Red)
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-