FC2ブログ

ピカチュー

今日は水曜日お母さんは昼からマンションの教室の日です。
朝は二階に上がったり降りたり、コピーしたりの準備をしていました。
そしてやっぱりマタマタお留守番の時間です。
お母さんは「キキお留守番ね。ねんねしててね」
と言って出かけていきました。
そんな時二階の部屋でいつも一緒にいるのがピカチューたちなのです。

2007_0228kikiburogu0002.jpg

ピカチューはお母さんの大好きなものなのです。
お母さんは黄色が大好きで、お父さんも大好きな色なのですが、
そして可愛い私に似ているからすごい好きなのだそうです。
2007_0228kikiburogu0003.jpg

似ているのでしょうか?
今眠たくなってからの写真余計に似てませんよね。
でもお母さんは大好きで、まだまだふえそうです。
私は留守番が賑やかになって少しはうれしい気もします。

スポンサーサイト



みやさんちへ

今日火曜日はお母さんは大阪まで絵を習いに行く日なので朝から、私はみやさんの家に行きます。
朝8時半に家を出て、歩いてみやさんのいえへ。
うれしくて、うれしくて「わん、わん」
みんなにしらせておきました。
みやさんの家に着くともうまてません。
「早くあけて」
と玄関に突進していきます。
20070227231255.jpg


今日みやさんは体調が悪いそうです。
お母さんに早く帰って欲しいと言っています。
お母さんとみやさんが話していても私は家の中にはいってぐるーと回って点検しておきます。この一週間変わったことは無いかと!
お母さんが行った後はみやさんの横で眠ったり、時々庭に出てみたり
膝の上に抱かれたりリッチーと遊んだり、のんびりとうれしい時間を過ごします。
今日お母さんはいつもより早く帰ってきました。
大阪に行ってゆっくりとしてくるのです、展覧会を見たり、友達とあったり、時には夕食まで食べて来るときもあります。
でも今日は早く帰ってきました。
それから又お母さんと歩いて、のんびりと家まで帰りますそれもうれしい時間です。


お墓参りに

今日は25日です
寒い日ですがお母さんと一緒にお墓参りに行きました。
お兄ちゃんが一緒のときもありますが今日はお母さんと二人です。
自動車に乗って、出発です。

2007_0225kikiburogu0002.jpg

お墓は近くですが、山道をぐるぐると行きます。お母さんは最近は一人でも運転がだいぶ上手になった気がします。
入り口の花屋さんで花を買いにお母さんが出ていこうとしました。
「一緒に行くよ!」と私は必死です。いつものことですが、少しでも車に置いておかれるのは嫌なのです。
お母さんは私を抱い花を買いに出ました。
「ほっ。ありがとう」
お母さんがお墓を拭いている間、うろうろと探検しました。
何度もお母さんに呼ばれましたが、またうろうろ。
山のほうにも行こうとして、怒られてしまいました。
家の庭とは違う匂いや景色です。
私はお墓参りが好きなのです。
最後にお母さんとお墓にろうそくと線香を立てて、手を合わせました。


2007_0225kikiburogu0006.jpg

寒かったけれど来て良かった。
お母さんも私を抱いて何度もお墓を振り返りながら
「良かった」と言いました。

一人ボッチの留守番

昨日の結果でよかった良かったとお母さんは今日はお出かけしました。
私は一人で二階のお部屋で留守番です。
一日中ずーつと窓から空を見ていました。
2007_0224kikiburogu0002.jpg

窓の外が暗くなってもお母さんは帰ってきません。
お腹もすきました。
腹が立ったので、シートから離れってウンチをしておきました。
うろうろとしてみました。
あ~~ど~~したのかな。
あ! お母さんの声
「キキー、ごめん、ごめん」
うれしくてうれしくて、もうなーにも怒っていません。
抱きしめられて今日も幸せ。<

病院の検査

今日はいよいよ検査の日です。朝からお母さんは私のおしっこを採るために、牛乳パックを開いて朝一番に庭に出た時追いかけてオシリの下に入れました。うまくおしっこが採れて,それからスポイドに入れて、爪楊枝の蓋をして用意が出来たとお母さんはほっとしていました。
少し恥ずかしいけれどこんな感じです。
a.jpg



お風呂場でシャンプーもしました。
余り好きではありませんが、不潔もきらいです。仕方がありません、お母さんが「きれい、きれい」なんて言いながらお湯をかけてくれるので我慢しました。


b.jpg



自動車に乗って、病院へ、
病院での検査の始まり、はじまり。
私を横にして、レントゲンを一枚、お腹を上にして又一枚、
お母さんと先生に押さえつけられて、動きたいのを我慢してやっと終わった時お母さんの胸にしがみついてもういいよなんて言いたくなりました。
レントゲンとおしっこの検査を見て特に異常は無いようですが、でももう少しエコーをかけて調べましょうなんて先生が言うと、お母さんもそうしてくださいとお願いしています。
エコーとは冷たいジェルをお腹に塗って、ニュルニュルとその上をマイクのようなもので撫ぜつけます。せっかくシャンプーをしてきたのにお腹はグチョグチョです。
それも異常はないようです。
最後に若い先生ではなく院長先生が重々しくい説明してくださいました。体重が減る原因は色々考えられますが今回調べて見て特に何か異常はありません。老齢のため体に取り込む力が弱いのかもしれません。食べるようなら食事の量を増やしてみて様子をみましょう。
あ~~お腹がすくと思ったらお母さんの食事の量は少なかったのか。
お母さんはうれしそうに「もっと食事の量を増やします。少ないって言ってくれないもので」な~~んて言ってます。
帰ってお母さんは言われた量を秤で計ってかりかりをいれました。
クー。すごいたべごたえがあります。
よかった、よかった。
明日からもこれだけ食べれるのかと楽しみです。


私にとってはなんかうれしい日になりました。がお母さんには今日は大切な日だったようです。
私を抱いて言ってました。
お父さんとお母さんの32回目の結婚記念日なのだと。
お父さんの好きな黄色のチューリップを買ってきて花瓶に入れてから、ながーく私を抱いて座っていました。

c.jpg

お母さんの仕事

昨日と今日はお母さんは仕事でした。お母さんはお習字の先生なのです。昨日は近くのマンションの集会所に行き、今日は家での教室です。
そんな時は二階で留守番です。
昨日はお母さんが出かける時何度も何度もわんわんと泣いて、お母さんを引き止めましたが駄目でした。その後は仕方が無いので、ソファーの上で眠っていました。お母さんは帰るとセコムを止めて走って二階に上がって来て「ごめんね。ごめんね」
と言って抱きしめます。ほっとして甘え声で泣きながらお母さんにしがみつきます。帰ってのからお母さんに抱かれてお母さんがばたばた用事をしているとき大好きな時間です。

20070222220605.jpg

今日は家での教室で、朝は大人の人たちが来るので私は、窓の傍の暖かいところで、ずーっと眠っています。
昼からは子供の教室なので又二階で、いなければなりません。
ピンポーンとチャイムが鳴ったり、子供たちの賑やかな声やどんどんする音が聞こえるたびに私もワンワン鳴いたり、うろうろしたりしています。今日は特に長く遅くまで二階にいました。
又お母さんは子供が帰るとすぐ「キキー、キキー」
と呼びながら上がってきます。
はいはいはいではなく、ワンワンワンと返事をして答え又抱かれてお母さんが雨戸を閉める時、しがみついています。
それからは私は食事お母さんは食事の用意をしています。
時々台所に行って何か落ちないかと見回りながらのんびりとした時間を過ごします。
今日もそんな一日が終わり、お母さんとベッド眠る一番幸せな時間が待っているだけです。

アーそうだ、明日、病院に検査に行くんだった。
頑張りマース。

病気かな?

先週の金曜日にお母さんとワクチンの注射に病院にいきまいした。
体重を量り、体温を測って、何か気になることはありませんか?と聞かれて、お母さんは
「体重が減りすぎているのが心配です。」
と答えていました。するとお医者さんは
「年をとって体重は減ってくるのですが、それにしても減りすぎですね。血液検査をして、尿検査をしてそれで何も出なければ、エコーをかけてみましょう。」
「考えられのは、糖尿病、腫瘍、肝硬変、腎臓炎、」
お母さんは不安で、不安で、涙ぐんでいます。
すぐ血液検査をしました。
今日その結果が出たのですが。肝臓の数値が少し低いとかで、老齢になればおきることと言いながら、肝硬変かもと言うので今週エコーをかけます。
本当の私の年齢は誰も知らないのです。
捨てられ、お母さんに拾ってもらってから9年3ヶ月過ぎました。
その前の生活は思い出せないのです。
どんなこことがあったか、生まれて何年たっているのかも。
だから私は何歳なのかと思います。
でも、お母さんと暮らし手からももう9年3ヶ月なんですもの、年寄りでしょう。
病気ではありませんように。

みやさんのこと

私にはおばあちゃんのように甘えられる素敵な人がいます。
火曜日にはお母さんが大阪のなんばまで絵を習いに行くので、いつも
みやサンのうちに預けられます。
それは一週間の一番の楽しみなのです。
そこにはリッチーというお友達もいて優しいみやさんが居て、一日中留守番なんかさせられません。
それにお母さんには内緒だけれど、少しおやつももらうのです。
温かい膝の上で眠り、好きな時に庭に出て、いつも話しかけてもらってうれしいうれしい時間です。
来週は歩いていくのかな、それとも自動車かなどちらでもいいんです。
行けたら

お兄ちゃんとの一日

お兄ちゃんとの一日はやっぱりお兄ちゃんは私のいいなり、一日中傍で寝てくれたり、抱いていたり、玄関をあけて私を庭に出したりとかまいつづけてくれました。
お母さんが帰る前に何回も何回も、ごめんねごめんねと一人にすることを謝りながら帰っていきました。
優しいお兄ちゃんと過ごせて幸せな一日でした。

お兄ちゃん帰る

今日はお兄ちゃんが家に帰ってきている。大好きなお兄ちゃんだけれど、いつもいるわけではない。お父さんもお兄ちゃんも、もう一人のお兄ちゃんもみんなすぐいなくなる。いつもいるのはお母さんだけ。でも最近お母さんもよく出かけるようにはなった気はする。その間留守番が出来るようになったのです、やっと。一度捨てられたので、また捨てられるのかと心配になって不安になって、ワンワンと泣きまわっていたのですが、少しお母さんは帰ってくると信用できるようになりました。
お兄ちゃんとの留守番もお兄ちゃんは私のことを気にして、ずーっと抱いたり表に出したりと大変なのです。私の命令どうり動くのも面白いのです。明日はその留守番の日です。お兄ちゃんを何も出来ないように釘ずけにして見せます。楽しみです。

今日からブログ

P9080091.jpg

今日はお母さんが一生懸命ブログをならっていました。
私はその横で寝ているような聞いているようなそんな時間が過ぎています。

続きを読む

プロフィール

もととしさん

Author:もととしさん
訪問ありがとうございます。

捨てられていたキキを拾って
7年間は、お父さんともととし母さんに可愛がられ
5年間はお母さんだけの生活になりました。
キキは17歳で、天国にいきました。
今は、お父さんと一緒にお母さんの生活を
見守っています。
キキがお空からのいちゃもんです。

こんにちは、私はキキです。
<

私はダックスフントのキキです。<br> 今はお父さんとお空からお母さんを見ています。
お母さんの毎日の様子と夕ご飯を見張っているのです。
皆さんもお母さんへの応援よろしくね

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Poodle時計(Red)
RSSフィード
ブログ内検索
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-